SwitchBot ロックがHub 2経由でMatterに対応

HomeKitを使う
SwitchBot社ツイートから引用

SwitchBotロックが、Hub 2経由でMatterに対応しました。これでHomebridgeを使用しなくても、HomeKitから施錠・開錠できるようになりました。日本向けスマートロック製品で最初で最初のMatter対応です。

Hub 2 Matterがロックに対応

SwitchBot Hub 2は、ベータ版のファームウェアでMatterに対応しています。そして、Matter 1.0で決められたWindow Coveringというデバイスタイプをサポートしていました。具体的には、SwitchBotカーテンと、ブラインドポール製品を、Matter対応させてました。Hub 2のMatter機能を使う詳細は、以下をご覧ください。

SwitchBot Hub 2をMatterブリッジにしてHomeKitから使う
SwitchBotHub2をMatterブリッジとして設定し、AppleHomeKitに接続しました。iPhoneやMacのホーム.appから、Hub2のケーブルに内蔵された温度センサと湿度センサの値が取得できました。またSwitchBot...

iPhoneのSwitchBotアプリでは、Matterとして公開するデバイスを選択するメニューがありますが、そこにも、「現在、カーテンとブラインドポールをサブデバイスとして追加できます。」としか書かれていませんでした。

昨日(2023年7月6日)、試しに「サブデバイスを追加」ボタンを押してみたところ、なんとロックを追加できるようになっていました。

ファームウェアバージョンはV0.9-0.7です。更新はありませんでしたので、変化していないと思います。気づかないところでバージョンアップされたのかもしれません。

でも、これでカーテンに加えて、ロックも、Matterブリッジの対象とすることができました!

ちなみにSwitchBot社のツイートによると、ロックがMatter対応するソフトウェアの各バージョンは、

  • アプリケーション:V7.3
  • ハブ2のファームウェアバージョン:1.0-0.8
  • ロックのファームウェアバージョン:6.5

だそうです。アプリとロックのバージョンは条件を満たしてますが、Hub 2のバージョンが合ってないです。それでもMatter対応しました。

HomeKitで動作確認

iPhoneとMacのホーム.appで、ロックの様子を確認します。Hub 2は、すでにHomeKitとペアリングしてありましたので、ロックはすぐに表示されました。”Matter Accessory,5″という名前で表示されました。数字は名前の重複防止ために追加されたと思います。

これをクリックしたところ、施錠・開錠できました。

Hub 2は、HomeKitからブリッジとして見えてます。

ブリッジ下にあるアクセサリは4個となっていて、詳細を見ると、

  • Hub 2搭載の温度センサー
  • Hub 2搭載の湿度センサー
  • SwitchBotカーテン
  • SwitchBotロック

の4個であることがわかります。

Matter接続のメリット

SwitchBotロックがMatter対応したことのメリットは大きいです。今までは、SwitchBotロックを使うためには、HomebridgeにSwitchBotのプラグインを入れて使用する必要がありました。詳しくは以下をご覧ください。

SwitchBotロックをHomeKitから使う
追記:この記事の内容は古くなりました。SwitchBotHub2がアップデートされて、SwitchBotロックをMatter接続できるようになりました。以下をご覧ください。この結果、Hub2があればロックをHomeKitに直結できます。なの...

この構成では、HomebridgeのSwitchBotプラグインが、SwitchBotのクラウドにアクセスして、ロックの操作をします。

今回、Hub 2がSwitchBotロックとMatterのブリッジをしてくれるようになりました。Hub 2とHomeKitの間にあったクラウドとHomebridgeが不要になり、ローカルに直接接続できます。クラウドが不要になったことを確認するために、Matter接続した後、家のLANからの外部接続を外してみました。それでも問題なくHomeKitからの鍵の開錠・施錠操作が出来ました。

Matter対応スマートロックは国内初です。海外の製品でもAqara U100くらいではないかと思います。

Aqara’s new 0 smart lock works with Matter and Apple’s Home Key
ItjoinstheYaleAssureSLandSwitchBotLockastheonlysmartlocksthatworkwiththenewsmarthomestandard.

クラウドが不要になったことで、クラウドの稼働状況の影響を受けなくなっただけでなく、応答速度も改善されました。ちゃんと測定していないのですが、感覚的には、Homebridgeとクラウド経由の場合に数秒かかっていた施錠・開錠操作が、1~2秒で応答します。

まとめ

SwitchBot Hub 2が、ロックのMatter接続をサポートしました。その動作をHomeKitから確認しました。スムーズに動作し、クラウド経由よりも応答速度が速いです。SwitchBotロックは、Homebridge不要でHomeKitから利用できる、唯一の国内向けスマートロック製品となりました。サーバを運用したくないカジュアルなユーザの方にも、安心してお勧めできます。

現在使用中のSwitchBot製品は、プラグ、カーテン、ロック、Hub 2です。このうちプラグは、買って良かったものリストに入っているHomeKit対応製品です。今回、カーテンに加えてロックもMatter対応したことで、手元のSwitchBot製品は全てHomebridge不要で接続できるようになり、HomebridgeのSwitchBotプラグインが不要になりました。SwitchBotクラウドのユーザアカウントも消しても良いかもしれません。

コメント

タイトルとURLをコピーしました